犯罪を未然に防止!~録画可能な防犯カメラや金庫の設置をする~

不審に思ったら盗聴器調査

メンズ

業者を選定する

盗聴や盗撮は犯罪行為ではあるものの、気軽に盗聴器や盗撮器が買えてしまう現状のせいで盗聴被害や盗撮被害は絶えないものです。そこで、普段から仕掛けられていないかどうかをセルフチェックすると同時に、怪しいと感じたときは探偵社や警備会社に依頼して盗聴器調査をしてもらいましょう。

READ MORE

効果絶大!防犯カメラを設置する5つのメリット

犯罪行為を未然に防ぐことができる

空き巣や強盗、ストーカーのような犯罪行為も、防犯カメラを設置しておくだけで回避することができるかもしれません。犯人も、防犯カメラの存在に気がつけば、さすがにそこでは犯行に及ばなくなる可能性が高いからです。

万が一のときにも犯人の特定に繋がる

しかも万が一犯罪行為が行われたとしても、防犯カメラの録画をチェックすれば、それが誰なのか特定することができます。犯人の顔が分かれば、すぐに逮捕することもできるでしょう。第二、第三の犯行は食い止めることができるかもしれません。

災害時の記録用にも使える

防犯カメラを24時間稼働させておけば、いつやってくるか分からない災害の記録もできます。大きな地震や火災などのの記録を、しっかりと映像に残すことができます。災害時の映像記録は、後々防災のために役立てることができる場合があります。

研究用に使うこともできる

少し本来の使い方とは違うのですが、防犯カメラを研究用途に使うことも十分に可能なのは知っておきましょう。動植物の研究で長期間カメラを回す必要があるときには、防犯カメラは便利に使えます。低コストで高画質な動画を長期間記録できるので、研究が捗ります。

自分の姿を客観的に見られるのも魅力

防犯カメラの録画映像をチェックすると、意外なことにも気づける可能性があります。たとえば室内を撮影しているときには、後で映像を確認すれば自分の姿を見ることも可能です。自分の生活態度や仕事の仕方なども、客観的にすべてチェックすることができ、それによって改善点が見つかる可能性もあります。

[PR]

盗聴器調査で発見してもらう!
24時間で受け付けをしてくれる 盗聴器調査を対応してくれる業者を紹介!
専門家が丁寧に対応してくれる

設置の利点

SECURITY

防犯機器の種類と選び方

一口に防犯機器と言っても、種類は豊富です。防犯カメラもあれば金庫もありますし、警報機もあれば窓ガラスを割れにくくする特殊なシートもあります。通販サイトでも防犯グッズで調べてみると、何千という商品を見つけることができるはずです。これらは、基本的にはどれか一つではなくて、複数使って安全性を高めていくのがいいですね。人によって巻き込まれやすい犯罪の種類が変わってくるので、それに合わせて優先順位の高いものからピックアップしていく必要が出てきます。
たとえば、オフィスで産業スパイの犯行に備えるなら、24時間365日稼働させることのできる防犯カメラは必須です。他にも警報機などがあれば便利ですね。重要な情報を頑丈な金庫に詰め込んでおけば安心感は増します。ストーカー犯罪に巻き込まれている女性なら、盗聴器調査のできる受信機やダミーカメラの方が、金庫などよりは重要度が高いはずです。このように、場合によって必要な防犯機器のタイプが違ってくるので、まずは自分をしっかりと見つめ直すことが大事でしょう。

盗聴器が設置されていると気付いた時の対処方法

もしも盗聴器が設置されていると思ったなら、すぐに専門の業者を呼んで盗聴器調査をしてもらうといいでしょう。素人に盗聴器の有無を判断することは難しいため、少しでも怪しいなと思ったら、それを理由として仕事を依頼して構いません。もしも盗聴器が発見されなかったとしても、それはそれで頼んだ甲斐があったと言えるからです。盗聴器がないと判明すれば、翌日からは安心して生活ができます。ちなみに、本当に盗聴器がしかけられている場合には、放置しておくと無制限にプライバシーが流出していきます。漏れた情報が別の犯罪に使われることもあり、ダメージはより深刻になっていきます。早期発見早期撤去が基本になるので、放置だけはしないように気を付けましょう。また、怪しいと思ったらその瞬間から重要な話は声を出してしないことが求められます。業者との連絡も電話ではなくてメールで行うのがベストでしょう。相手に気づいたことがバレてしまうと、逃げられてしまう可能性も出てきます。

[PR]

広告募集中